医薬品

体を知る事が大切です

生理痛は、体内で分泌されるプロスタグランジンという物質が原因です。そのため、生理痛を自分で緩和させる事はとても難しいと言えます。しかし、生理痛が起こっても安心して過ごせるような対処法を知っておくと安心です。特に痛み止めの薬で予め痛みを抑え込んでおく事で、その後の痛みを和らげる事が出来るため安心です。

詳しく見る

女性

自分の臭いが気になる

体臭が薄い人種とされている日本人の場合、臭いを気にしてしまう人は少なくありません。中には体臭コンプレックスに陥る人もいます。その場合、飲食や生活リズムの改善が効果的なのですが精神的なカウンセリングを受けてアドバイスをもらうと良いでしょう。

詳しく見る

ショーツ

あそこが臭う

おまんこの臭いは女性にとって深刻な悩みとなりますが、原因としてはおりものや恥垢が挙げられます。これらの臭いの原因はデリケートゾーン専用ソープやタンポンのような洗浄グッズを使用することで消すことができます。また、サプリメントと併用すれば身体の内外から臭いを変えることもできるのでおすすめです。

詳しく見る

胸

胸を大きくしたいなら

バストアップマッサージでは、大胸筋を増やしつつ胸の成長を妨げる老廃物を排出させることが大切になります。その上で乳房や乳首を刺激して、女性ホルモンを分泌させて胸を大きくします。その際はバストを型崩れさせないように、クーパー靭帯に気を付けながらおこなうようにしてください。

詳しく見る

汗に雑菌が増殖しやすい

下半身を押さえる女性

性病や婦人科系の病気

まんこは女性の陰部のことですが、男性に比べると複雑な形状になっているので汗や皮脂、おりもの、生理などが臭いの原因になります。女性には生理周期のサイクルがあるので、排卵日や生理の前はおりものの量が増えるので、臭いの原因になります。おりものの量が多い時やまんこの臭いが気になる時は、デリケートゾーン専用の石鹸を使って優しく丁寧に洗うことが大事です。まんこの臭いの原因には淋病やクラミジアなどの性病などもあります。性病に罹るとまんこの臭いが強くなったり、排尿時に痛みを感じるので気になる症状が見られる場合は、早めに産婦人科や専門クリニックを受診して検査を受けて下さい。性病はまんこの臭いの原因になるだけでなく、大切なパートナーに感染させたり、不妊になることもあります。女性の陰部はアポクリン汗腺が発達しているので、汗に雑菌が増殖すると独特の臭いを発するようになります。まんこの臭いが強いと感じている人はすそわきがの可能性があります。すそわきがの疑いがある場合は専門クリニックを受診すると、最適な治療法を提案してくれます。女性の陰部は誰でも多少の臭いがありますが、臭いが強くなったり、おりものの色や量に異常がある場合は性病や婦人科系の病気の可能性があるので、放置をせずに病院を受診したほうが良いでしょう。体に特に異常が見られない場合は専用の石鹸を使用したり、市販の膣内洗浄の商品を試してみると良いでしょう。膣内洗浄をすることで改善するケースもあります。