体を知る事が大切です

医薬品

対処法があれば安心です

女性の生理は、正常で健康な体であれば毎月自然に起こります。この生理が起こる直前から生理中にかけて不快な症状が体に現れる方がたくさんいらっしゃいます。これが生理痛です。この生理痛の重さは、個人の体質や生活スタイル、その時の調子等によって異なります。全く感じないという方もいれば、生理が始まると寝込んだ状態が続いてしまうといった重篤な女性もいらっしゃいます。ひどい生理痛で毎月生理が近づくと辛いと感じてしまう方は、上手に生理痛と付き合っていくために原因や解消法を知っておくと良いです。まず生理痛が起こる原因は、プロスタグランジンというホルモンに似た物質が生理前から急激に増加し始めるからです。このプロスタグランジンは、子宮内の収縮を活発にさせ、生理の経血を外に排出させようとする作用があります。その際にこのプロスタグランジンの量が多くなりすぎ、収縮が強くなってしまい、痛みを生じてしまうのです。腹部の痛みを生じたり、頭痛、下痢、吐き気等の症状が起こる場合があります。さらに体の冷え等も引き起こしてしまう事もあるので、しっかりと対処法を知っておく事が大切です。生理痛が実際に起こってしまった場合には、生理痛の痛みを緩和させるために痛み止めの薬を服用することがお勧めです。生理前の症状が始まる頃、もしくは違和感を感じだした頃から薬を服用しておくことで、激しい痛みや症状を和らげる事が出来ます。特に仕事や学校等で辛くなってしまうと精神的にも焦ってしまうため、予め薬を服用しておく事で安心して外出出来ます。生理前になれば薬を携帯するように心がけ、生理痛のお守りとして持ち歩く事で安心感を得る事も出来るのでお勧めです。